姓名判断 無料占い 大切な人との相性を名前で占います

姓名判断
あなたの真実 占術について あなたの真実 活用術 本の紹介
「あなたの真実」活用術
入門
初級
中級
上級
スペシャル

姓名判断トップページ > 「あなたの真実」活用術 > 上級

上級

Page1 → Page2 → Page3 → Page4 → Page5 → Page6
常に気にされていたい寂しがり

100%のない2は、他の数字に比べ、人やモノとの境界線があいまいであるというような感覚をもっています。人の物、人の店、人の家など、なんとなく自分のモノでもある、共有物であるような気がすることがあります。自分が気に入っている職場であれば、思い入れがとても強く、非常に極端な例になりますが、中には、この会社は自分の持ち物。会社を乗っ取れるのではないかという錯覚に陥る人もいるようです。

2の女性に多いのですが、恋人が好きで好きで仕方がないときには、彼氏が男友達と話しているだけでも嫉妬してしまうほど思い入れが強く、まるで自分の持ち物、自分の一部のような感覚をもっています。恋愛は、2のいい感情をふくらめるためのもっとも大事な要素の1つでもありますから、相手をとても気に入っているうちに、フラれてしまったような場合には執念深くしつこく追いかけることも多いようです。一方、非常に飽き性なのも2です。単調はもっとも苦手としていますので、変化や刺激のない、ワンパターンで、毎日会うような恋愛はあまりむいていないといえます。

100%の確信がないため、自分の存在を、常に相手に意識してもらっていないと不安というところがあります。そのわりにはしつこい、くどいのは嫌いという微妙なバランスを要求しています。2に対しては、付き合い始めはある程度しつこくてもいいのですが、次第にわずらわしく思われてしまいます。また、相手に対して主導権を強く握れる場合には、この人ならば大丈夫と、わがままが底なしにエスカレートすることがあります。100%満足がないからでもありますが、一度味をしめてしまうと、もう止まりませんので、最後まで聞かないのが鉄則です。すると2はそれを敏感に察知してあきらめます。
また、失恋してショックを受けても、次の恋愛が始まれば意外にケロッとしてしまうのも2です。
このような2も「恋愛は本来こうあるべきだ」という立派な理想郷を描いています。

2の存在意義

2には比較的、人なつっこい、世渡り上手な人が多いのですが、やはり人付き合いがうまくいかないタイプもいます。

空回りしている2というのは、どんな相手に対してもまず喜んでもらおうとする2本来のサービス精神がない、与えることよりも与えられることだけを強く望んでいる余裕のない人です。とくに相手に合わせる必要がない環境で育ったり、自己防衛に徹しているような2には近寄り難い雰囲気があります。
また、2にはとてもおとなしく控えめで、絶対に敵を作らないようなタイプがいます。家庭環境が厳格であることなどが考えられますが、本来単調を嫌うため、親の好き嫌いにかかわらず、家を出て、いろいろなことを経験したいと考える人も多く、100%がない変幻自在の2は、環境が変わったとたんに、性格が180度変わってしまい、まわりを驚かせることもあります。
現状の性格では人付き合いの幅が限定されてしまい、「これでいいのだろうか?」「これではつまらない」と前向きに考えた場合には、ときに自分を下げピエロになり、相手を楽しませることで、自分も同じように楽しめるということに気づきます。そこに味をしめると、目立ちたがり、お調子者、おだて上手、人気者へと変身を遂げるでしょう。特異な存在として注目されることに強い快感を覚えるのです。ちなみに、このタイプの2に対抗意識を出すのは同性の「-3」や「-5」に多いようです。

2の長所は、相手のキモチを誰よりも細かく推し量り、柔軟性をもって相手を思いやるところ、そして100%がないために、プラス思考への転換がとても上手なところにあります。(非常に楽観的に見えがちなのはこのためで、実際には嫌なことを細かく覚えています。処理が上手なのです。)    
本来とても人間くさく、争いごとが嫌いで、人の痛みのわかる人情味のある性質といえます。
また、性質上、2がもっとも困るのが、「相手の反応がイマイチ」「痛いところを突かれる」「自分の持ち場を奪われる」ということになります。とくに持ち場を奪われることは、2にとっては一大事。これは、存在価値の否定、アイデンティティの崩壊に近いものがあります。どこかで自分のカラーを出したい、他人とキャラクターがかぶりたくないのも、ここから来ています。

他の数字に対してはキモチに幅をもたせる、変化を与える役割を担い、とくに奇数に対しては決断力を、偶数に対しては安らぎを求めていくのが2ですが、仮にこのような2が存在しなかったら、人間関係がさつばつとした、面白みに欠ける世の中になっているのでは、と私は考えています。

以上が2の性質の細かな分析になります。

2の行動の細かな意図が自然に分かることができるのは同じ2だけで、類似性質の5や8でさえ2の性質はつかみにくいところがあります。
また、フルネームが2でなくても、苗字か名前に2が含まれている人であれば、部分的には当てはまるところがあると思います。
さらに、2は横線をもつ性質の基本でもありますので、4や7の人も部分的には理解できるのではないでしょうか。

前ページ 次ページ
ページの先頭へ
Copyright (C) 2007 無料占いで相性もわかる!姓名判断「あなたの真実」 All rights reserved.