もっと詳しい特徴
気まぐれロマンティスト
-2 ピエロ

恋愛・結婚相性 / 金運を鑑定

2タイプの人は、

「なぜわがままに映るのか?」

「なぜ夢見がちなのか?」


というテーマで、2の性質を分析してみたいと思います。


2の思考・行動パターンは、一貫性やポリシーに基づいたものではなく、その瞬間ごとの感情に沿って、山の天気のように切り替わっていきます。
本人も、おそらく「どうしてこんなに気持ちの浮き沈みが激しいのか…」「安定しないのか…」と感じているでしょう。

このような2を理解するためのキーワードは、

「超・イメージ先行型」

「超・損得主義」



誰でも理想と現実の間には多少なりともギャップがあるものですが、2タイプの人は、ありのままの現実に対して空虚感を感じやすく、すぐにつまらなくなってしまいがちです。
そこで、少しでも多く良い感情で気持ちを満たすために、

あの手この手を使って、
手を替え品を替え、
想像力を目一杯働かせながら気持ちを満たしていくのです。
普通のやり方ではすぐに飽きてしまいますし、テンションが下がり、気分が塞いでしまうのです。

2はみな、妄想大魔王なのです。


プラス思考であるうちは、常に希望的観測で、自分の都合の良いように、得になるようにイメージを勝手に膨らませていきます。
このときの2と話していると、どうしても理想を語っているように聞こえます。
そしてこの肥大化した良いイメージが現実に直面したとたん、一気にはじけてしまうのです。
勝手に物語を創っていくストーリーテラーの2は、膨らませてはじける、また膨らませてはじけるの繰り返し作業をしています。周りの人はこの作業に気付きにくいのですが、実は2は他人の見ていないところをさりげなく細かく観察していたり、(どうしてそこはそうしないの?)(この人わかってないなぁ)など、言いたいことが山ほどあるのに黙っていたりします。

このような、少しでも得になる感情を膨らませたい、気持ちを満たしたいということを表面化し、他人に求めてしまうと、非常にわがままに映ってしまうのです。

人一倍、多くを求めすぎなのです。

また、想像力が発達しすぎているので、嫌な感情が少しでも入ってしまうと大変なことになります。2の心配事は現実を逸脱してしまいますので、周りからすれば、「そんなことどちらでもいい」とか、「考えすぎ」ということが多いのです。2は繊細ゆえに、ほんの少しのことを目一杯膨らめますので、2に対しては言葉の使い方・発し方・表情・態度など、細かな注意が必要といえます。


2が何かを選択する基準は、それが本人にとって

「快」なのか「不快」なのか、あるいは

「得」なのか「損」なのか

がポイントになっています。その瞬間ごとの判断ですので、一貫性はあまり重視していません。

少しでも「不快」「損」と感じるものを毒素としている2は、
嫌な人・声・態度・空気などに直面すると、1秒でも早くそれを回避しようとします。2は何かを徹底するとか、1つのものに固執するという発想は極めて少ないのですが、この部分だけは徹底して譲りません。

このような2の思考・行動パターンのなぜ?は、表面的な言葉だけではまず理解できないでしょう。2の発する言葉は気持ちと逆行していることが少なくないからです。
結婚相性 / あなたの運勢
姓名判断トップページ
あなたの真実とは
姓名判断サイトマップ

(c)2007 Kengo Ueda
無料占い 姓名判断
あなたの真実
AX