もっと詳しい特徴
人との壁・親への思い
+4 仮面

恋愛・結婚運 / 相性占い

4といえば真っ先に連想するキーワードが

「親」

親を大切にするという性格特性は、4に限ったことではないとか、
4でも親嫌いはいる


という反論がありそうですが、この4は、親への思い入れが、他の数字とは格段に違います。

「親や先祖があって自分がある」

と、考えている4は、どちらかというと古風な人が多いといえます。

このように、親のことを常に念頭に入れ、特別視している4は、家庭外でも、たとえば上司や年長者に対しては、「年上は敬い、大切にするもの」という心構えから、好かれることが多いようです。あるいは好かれるように接しているともいえます。

仮に4が親や上司に対して嫌悪感を抱いているというケースがあるとすれば、4の扱われ方に問題があるだけでしょう。

親をずっと憎んでいて、接点も少なく疎遠であった4が、親が亡くなった後、お墓参りを欠かさずにしている。というような事例もありました。

直線的な性格のため、ときに頭に血が昇って、まるで瞬間湯沸かし器のように相手を攻め立てる人もいますが、比較的一過性のもので、時間がたつと冷めるのも特徴です。
また、自分の考えが強い一国タイプも多いのですが、迷いも多く、なにか思い切ったことを始めようとする前には、必ず人に相談するところがあります。ただし、自分の答えはほぼ決まっているため、一応意見は聞いても、結局自分のやり方を通してしまいます。

「一応聞く」のが4。「初めから聞かない」のが1です。

身近な人はよくわかると思いますが、4の男性はどこか「お坊ちゃま」的な雰囲気を持っています。
また、4の女性は清楚なお嬢様に見えることもありますが、蓋を開けてみれば、結構わがままな人が多いようです。(4のわがままさはイタかわいいですが…)「私は安っぽいものが嫌いなの」と格好つけてすましていても、実際にはかわいらしいものが大好きな一面も持っています。イケメン好きやお金持ち好きが意外と多いのも4の女性です。

私の周りには親しい4がたくさんいますが、よく「私はやさしい性格」「俺はやさしい男」であると言う人が多くみられます。

確かに当たっていますが、それを自分で言ってしまうのも特徴?です。

4のほとんんどの人は、非常にカタく生真面目といえます。そもそも表情からカタいのです。そんな4の中にも、まれに悪いことに染まってしまう人も見受けられますが、これは寂しさ、弱さからくるものでしょう。
さらに、4でお酒好きな人というのはたいてい酒豪です。

4は生きていく上で、「人生の師」となる人を欲しています。立派な人やあこがれの人に対しては、少し妄信的なところもあります。
そして、自分のことを心から受け入れてくれる人に出会うと、絶対の信頼を置き、染まっていくのも4です。
結婚相性 / あなたの運勢
姓名判断トップページ
あなたの真実とは
姓名判断サイトマップ

(c)2007 Kengo Ueda
無料占い 姓名判断
あなたの真実
AX