もっと詳しい特徴
不思議の国の
-8 妖精

恋愛・結婚相性 / 金運を鑑定

8タイプの人は本質的に受け身で、集団の中では、変に口を挟むことはありません。

よほどの少人数であったり、気心知れた友人が相手でないと発言をしないのです。

では、実際にはどんな人かといえば…

まず、自分で自分がどんな特徴があるのかわかっていない人が多いといえます。

自分に対して、「必ずこうしなければいけない」と考えたり、

他人に対して、「必ずこうするべきだ」と強制したりする発想が
ほぼないのです。

他人に対して強いることがあるとすれば、誰もが考える当り前の発想くらいでしょう。理屈っぽいことは嫌いなのです。

そこには厳しさがないため、相手には安心感を与えることがあります。また、8には浪費家も多いようです。

他人と同じ土俵に上がり何かを競うことなく、
自分だけの土俵の中で、自分のしたいことを自分のペースで進めていくような生き方をしているのが8です。

この特徴は6タイプにもありますが、6よりもさらに閉鎖的なところがあります。8は、関心のあることを見つけると、ある程度凝るところがあり、同じことばかりしています。その楽しさを心の許せる人にずっと話していくところもあります。そんなところがほほえましいのですが…

このような8は、
自分はどのように生きていくべきなのかと考えた時に、一度は他人と同じペースでマラソンをしていこうとしますが、次第に疲れ、足を止め、道端に咲いている花がきれいだと感じたり、自然のすばらしさを肌で感じたりするのです。周囲とは時間の流れ方が明らかに違っています。
そのため、芸術の分野に親しむ人も多いようです。
生活力があまり強くないわりに、手先が器用なところもあり、その器用さで他人を上回るような人もみられます。

もともと他人の影響を受けやすいところがありますが、
自分のペースをみだす人や、何かを強制する人を生理的に嫌がり、「あなたには屈しない」「影響されたくない」と、必死で抵抗するようなケースもみられ、このときの8は、非常に頑固者に映るでしょう。
相手からは、「なぜそこで頑固になるのだろう?」「変な所にこだわる人だ」と、理由が分かりづらいところもあります。

また、同じ8でも、生活環境によって大きく2つのタイプがみられます。それは、いわゆる「いい人」か「ワルい人」という違い、つまり倫理感に大きな差があるということです。 親や年上の兄弟が比較的まじめで厳格な家庭に育った8は、人とはそうあるべきなのだと、誰からみてもとても親孝行で、まじめないい子に育ちます。この「いい子」は、他人からみると、実直すぎて少し発想の幅が狭いように映ります。

逆のケースでは、ワルということになりますが、とくに、はじめて自分のことをこころよく受け入れてくれた友人が「ワル」であった場合などは、「そういう風にするもの」だと、自らも染まっていくところがあります。その染まり具合が半端ではなく、悪いことに対して罪悪感がそれほど強くないのです。

さらに、
非常に臆病な面もあり、90%以上の8は、集団の中では周囲の様子を見ながら相手に合わせすぎなところがあります。
そして残りの数%は逆に非常に気分屋。横暴でわがままなタイプといえます。


いずれにしても8は影響されやすい体質を持っていて、生き方や振舞い方は人付き合いによってどのようにでも変わっていく可能性を秘めています。
新・脳内メーカー! /あなたの宿命
姓名判断トップページ
あなたの真実とは
姓名判断サイトマップ

(c)2007 Kengo Ueda
無料占い 姓名判断
あなたの真実
AX